爪水虫はお酢では治らなかった

爪水虫はお酢では治らなかった

爪水虫というと老人がかかるものだと思っていたのですが、数ヶ月前から銭湯でお風呂に入ることが習慣になり、そこで爪水虫に感染してしまいました。銭湯は不特定多数の人が入浴する場なので足をよく洗うようにはしていたのですが、脱衣所なども裸足で行き来しなければならないので感染源はそこだと思っています。

 

ある日フットネイルをしようと思ってふと自分の足を見てみると爪がぶ厚くなって黄色く変色していました。その時は水虫だとは疑わず、なんとなくネットで症状を調べると爪水虫の症状と全く同じだったのでかなりショックを受けました。

 

病院に通うことが一番だとわかっていたのですが恥ずかしいので、民間療法で治そうと思ったのですお酢をお湯に入れて足を30分間浸すという方法ですが、忙しい私は続きませんでしたし、なかなか効果もわかりにくかったです。

 

もっと手軽なケア用品はないかと探していたところクリアネイルショットのことを知り、これだと思って試してみることにしたのです。クリアネイルショットはジェルタイプになっているので液だれもしませんし、しっかりと浸透するので塗ったあとでも靴下を履けるのが嬉しいです。

 

二ヶ月ほどで爪水虫の症状もおさまってきたので、完治を目指して頑張ります。

 

 

爪水虫の解消はお風呂が基本

爪水虫に悩まされるようになったのは、夏場になってからです。革靴を毎日履いていて水虫になり、次第に爪の状態も悪くなっていきました。爪水虫はかゆみを感じませんでしたが、爪はボロボロになっていったのです。以前のような透明感のある爪ではなく、白く濁ってボロボロになっていきました。

 

そこでネットで治療法を調べてみたのですが、毎日のお風呂が大切だとありました。今までも毎日お風呂には入っていたのですが、足をよく洗っていなかったのです。そのため入浴した直後なのに足の裏が臭うという状態が普通でしたし、その状態で靴を履くのでムレムレになっていたのでしょう。

 

爪水虫は放置しても改善しなかったので、お風呂では足をよく洗浄するようにして、入浴後はよく乾燥させました。

 

その上でクリアネイルショットを使用して爪水虫ケアをしたのです。これを使用すると爪の内部にまで保湿成分がすーっと浸透していくのがわかります。非常に心地よい状態になりますし、爪が次第にツルツルしてきました。ボロボロは解消しましたし、爪がキメ細かくなったように感じます。

 

爪水虫が治った現在でも使用を続けていますが、正常なころよりも爪が美しくなりました。今では人前で見られても抵抗を感じないようになりました。