爪水虫を完治させることは困難?

爪水虫を完治させることは困難?

otcとはドラッグストアなどで購入できる薬のことで、正式名称は一般用医薬品です。一般用医薬品は市販薬や大衆薬とも呼ばれており、広く普及しています。足の裏などで症状が出ている水虫は、otcでも根気よく使い続けることで完治させることができます。

 

しかし、爪水虫の場合は、処方箋が必要な医療用医薬品を服用しなければ、完治させることは難いのが現状です。

 

爪水虫になってしまうと、水虫の原因である白癬菌が爪の中に入ってしまうので、塗り薬では患部まで成分が届きません。爪水虫の初期では、白癬菌に感染した爪を切り、塗り薬を指先に塗っておけば治ることもあります。しかし、重度に進行し、爪が黄色や黒色に変色してしまっている場合、塗り薬だけで完治させることはほとんどできません。

 

爪水虫になってしまった場合、otcでよく販売されている、塗り薬では治療は困難です。完治させるためには、医療用医薬品の飲み薬を服用する必要がありますが、医師による処方箋が必要です。

 

また、通常の水虫の場合では、市販の塗り薬で完治させることができます。しかし、薬をやめるのが早すぎると再発する可能性が高いので、爪水虫以外の水虫でも、医師の診察を受けることが望ましいです。

 

 

爪水虫の薬の成分にアボカドオイル

爪水虫で長年悩んでいたので、スクワランやアボカドオイル、竹酢液などの成分が入った塗るタイプの爪用ジェルの商品を使いました。浸透力特化型の商品なので、硬い爪の上からジェルを塗っただけで爪の中にしみ込んでいく感覚があり、爪水虫の症状がだんだん軽くなってきました。

 

爪用ジェルの商品を使う以前は、爪の表面がかさ付いていて見るからに不潔な感じでしたが、1ヶ月、2ヶ月と使い続けていくうちに爪にツヤが出てきて綺麗になってきました。

 

今まで別のメーカーの商品を使用しても効果があまり感じられなかったですが、この爪用ジェルは爪の中まで浸透していくので直接効果があるので使って満足しています。植物由来の成分が豊富に使われており安全性が高いのも魅力で、何ヶ月も使い続けていても皮膚が荒れたり赤くなる事もなく使いやすいです。

 

風呂上りに1日1回使うだけでよい商品なので、毎日の習慣で忘れず使いやすいのも良いです。爪水虫は薬を使っても何ヶ月も改善しないケースも多いですが、今回使った爪用ジェルは、浸透力特化型で日本で有名な医学誌でも紹介された商品なので効果も絶大でした。

 

爪水虫は放置しておくとどんどん酷くなる事が多いので、良い薬でこれからも治療したいです。